太陽光発電の電力買取制度

ドイツの売電制度は、欧州各国が相次いで導入していまして、太陽光発電の風景は広大な面積や事業者の屋根に敷き詰められたソーラーパネルなのです。

また、使用されている太陽電池は日本製の結晶形の物が多く、薄膜系も活躍しています。

太陽光発電を導入しようとする動機として、環境に貢献したいという熱い思いか、電気代を節約したいと思ってのことだと思いますが、投資回収年数を計算してみると、日本では現状金利込で1kWh当たり46円となり、家庭用電気料金が23円程度なので、損益計算をしてみると赤字になって回収するのは難しいといえます。

ただ、住宅ローンの乗り換えで0円設置できる方法や、補助金を上手く活用して20年で回収できる事もありますが、これは投資額を発電電力量に見合う収入で計算した場合の数字で、4kW以上の太陽電池を設置する場合は30年以上かかるでしょう。

しかし、販売努力もありますが、日本人は環境へ貢献したいという意識が強く、損得勘定で太陽光発電を導入している人は少なく、お金ではない価値を見出しているのです。

2010年からは、10年間という期限付きで余剰電力を2倍の電力料金価格で買い取る、固定価格買取制度を導入することが決まっており、普及率を拡大する狙いです。

太陽光発電主要メーカーについて、【太陽光発電比較探検隊】調べてみるものオススメです。

Comments are closed.

TOP